../SiteMap/

───────────────────────────────────

利用規約

e・パーセル電子宅配便エンタープライズ ソフトウェア

本サービスをご利用いただくにあたり

次の利用規約を設けさせていただいております。

ご利用の前に必ずご一読ください。

……………………………………………………………………………………………

e・パーセル電子宅配便サービス 利用規約
  1. 第1条 目的

    e・パーセル 電子宅配便 サービス利用規約(以下「本規約」といいます。)は、イーパーセル株式会社(以下「当社」といいます。)が、e・パーセル 電子宅配便(以下「本サービス」といいます。)をお客様に提供する際の基本的契約事項を定めることを目的とします。

  2. 第2条 定義

    本規約において使用される用語の定義は次の各号のとおりとします。

    1.本サービスとは、本規約に基づき当社がお客様に提供するサービスをいうものとします。

    2.お客様とは、本規約に基づき本サービスを利用する者をいうものとします。

    3.本ソフトウェアとは、本規約に基づき当社がお客様に提供する本サービスを利用する上で必要となるe・パーセルソフトウェアをいうものとします。

    4.本ライセンスとは、本ソフトウェアおよびその附属物の非独占的かつ譲渡不能な使用権をいうものとします。本ソフトウェアおよびその附属物には、本ソフトウェアの原本およびその複製物(部分的複製物および他のソフトウェアに結合された複製物を含みます。)のほか、すべてのプログラム・コードおよびそれに関連した印刷物(マニュアルなどの文書)、「オンライン」、電子文書ならびにトレーニング資料が含まれます。

    5.本契約とは、本規約に基づきお客様と当社との間で締結される本サービスの利用に関する契約をいうものとします。

  3. 第3条 適用

    当社はお客様に対し、本サービスをサービス開始日より提供し、同時に、お客様が本サービスを利用する上で必要となる本ライセンスを許諾します。

  4. 第4条 お客様の同意

    お客様は、当社が提供する本ソフトウェアをインストール、または使用することによって、本契約の各条項に拘束されることに承諾されたものとします。

  5. 第5条 使用権および使用許諾

    1.当社はお客様に対して、本ライセンスを許諾します。なお本ソフトウェアおよびその附属物についての著作権およびその他一切の知的所有権は全て当社に帰属し、本契約において譲渡の対象とするものではありません。

    2.お客様は本ソフトウェアを一台のコンピューターにインストールして使用することができます。

    3.お客様は、本ソフトウェアおよびその附属物の資料に表示されている財産的権利を表すマーク(例えば、トレードマーク、トレードネーム、ロゴ等)を取り除いたり、または、第三者をして取り除かせないものとします。

  6. 第6条 利用の制限

    1.お客様は、本ライセンス、本ソフトウェアおよびその附属物を、いかなる者に対しても再使用許諾することはできません。また、本ライセンス、本ソフトウェアおよびその附属物を、お客様以外のいかなる者に対しても賃貸または貸与することはできません。

    2.お客様は、サービス事業等に本ライセンス、本ソフトウェアおよびその附属物を使用すること又はその機能を第三者へ供与することはできません。

    3.お客様は、本ソフトウェアをリバース・エンジニアリング、リバース・コンパイリング、ディコンパイリング、その他の改変や複製・翻訳を自ら行ったり、第三者をして行わせることはできません。

  7. 第7条 契約期間および契約の自動継続件

    1.お客様が本サービスを利用する上で必要となるIDを当社が登録した翌日をサービス開始日とし、本契約の契約期間はサービス開始日から1年間とします。

    2.本契約の契約期間満了の1ヶ月前迄にお客様より当社に対して書面による解約の申し出がなかった場合には、本契約はさらに1年間、同一条件で自動的に継続更新されるものとし、以後も同様の扱いとします。

  8. 第8条 料金および支払条件

    1.お客様は当社に対して、契約書に記載された各料金に消費税および地方消費税を加えた金額を、各支払期日までに支払うものとします。

    2.支払方法は、契約書に記載された支払口座への振込により行なうものとし、振込手数料はお客様が負担するものとします。

    3.本条第1項に示された各料金のお客様から当社への支払いが各指定期日を過ぎても行われなかった場合には、お客様は、支払期日の翌日から支払日までの期間につき年14.5%の割合で計算した金額を、延滞損害金として当社に支払うものとします。

    4.お客様から当社へ既に支払われた本契約に基づく各料金、もしくは支払期日が到来している各料金の調整または返還は行わないものとします。

  9. 第9条 解約

    1.お客様は、契約期間満了前であっても、当社に対し1ヶ月前に書面で解約の通知をすることにより本契約を解約できます。ただし、お客様が契約期間中に解約される場合は、お客様が契約期間最終日までに支払う必要がある料金から解約日までに支払われた料金の差額を解約料金としてお支払い頂くこととします。

    2.当社は本契約の期間中であっても4ヶ月前の通知をすることによって、本契約を解約することができるものとします。この場合、解約日以降の本サービスに対して既に支払われた料金に限り、これをお客様に払い戻すこととします。

    3.お客様が本規約に違反した場合は、当社は事前の通知をすることなく本契約を解約することができます。この場合、既に支払われた料金に関する払い戻しは一切行なわれないものとします。

    4.当社は、お客様の資産、信用または事業に重大な変化(仮差押、仮処分等を裁判所から受けたときを含みますがこれに限られません)が生じまたは生じるおそれがあり、しかも本契約に基づく債務の履行が困難になるおそれがあると当社が認めたときは、書面の通知によりいつでも本契約を解約できるものとします。

    5.本契約が解約された場合、お客様の本ライセンスも当然に終了するものとします。

    6.お客様は、本契約が解約若しくは期間満了により終了した場合であっても、お客様の当社に対する本契約上の支払義務のうち未払いがある場合には、当該義務は完済まで残存することを同意します。また、お客様は当社からの要請があり次第、本契約に基づいて当社から交付されたドキュメンテーションその他一切の資料及びそのコピーを返還し、返還が不可能なものは破棄するものとします。

  10. 第10条 機密保持

    1.本契約に基づき当社がお客様に対して提供するコード、ドキュメント、プロトタイプ等の情報は、当社の財産的情報(以下「秘密情報」といいます。)を含んでいます。お客様は、当社が提供した秘密情報を秘密として管理し、当社の事前の書面による承諾なく第三者に対し開示・漏洩しないものとします。ただし、公知の事実、当社から情報を受領する以前からお客様が有していた情報、法の適用に基づき開示が要請される情報に関してはこの限りではありません。

    2.お客様は、当社の事前の書面による承諾なしに本契約の存在および内容を第三者に対して開示・漏洩することはできません。

    3.お客様は、本ライセンスならびに本ライセンスに関連して当社がお客様に提供するコード、ドキュメント、プロトタイプ等およびそれらの複製物の記録につき、当社が要請した場合には直ちに提示するものとします。

  11. 第11条 個人情報の保護

    1.当社は、本契約に関して知り得たお客様が提供する個人情報を保護する義務を負い、本契約上の業務を遂行するため以外の目的で個人情報を利用しないものとします。

    2.当社は、前項に基づく義務を遵守するため、個人情報を適切に管理するための措置を講ずるものとします。

    3.当社は、本契約上の業務を第三者に委託する場合には、当該第三者に対し、前項と同等の措置を講ずるよう義務付けるものとします。

    4.当社は、以下の各号に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しないものとします。

    (1) 法令に基づく場合

    (2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。

    (3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。

    (4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

    5.本契約が終了した場合、当社は、お客様の指示に従い、速やかに個人情報を返還又は廃棄するものとします。本条の義務は、本契約が終了した後においても存続するものとします。

  12. 第12条 限定的保証

    1.当社は、お客様が本契約の条件に従って本ソフトウェアを使用するために、当社が推奨した利用環境で本ソフトウェアを使用した場合に、本ソフトウェアが実質的に当社のマニュアルどおりに機能することを、お客様が本ソフトウェアを受領した後60日間保証します。

    2.上記の場合を除いては、本ソフトウェアが当社のマニュアルどおりに機能しない場合においても、当社は保証致しません。また、本ソフトウェアのアップデート、プレリリース(BETA)、試用版、製品サンプル、非再販(NFR)コピーのいずれに対しても、当社は保証致しません。

    3.お客様が当社に対し本条第1項に示された保証を請求する場合には、本ソフトウェア受領後60日の期間内に当社に対して書面で請求することとします。

    4.本ソフトウェアが実質的に当社のマニュアルに従って機能しない場合の責任および法的救済は、当社の選択により、本ソフトウェアの交換または本契約に基づき支払われた各料金の払い戻しに限られます。本条の限定的保証は、お客様に対して特別に法律上の権利を与えるものではありません。

  13. 第13条 責任の制限

    1.当社は、お客様が本ソフトウェアおよびその附属物を利用することにより生じたいかなる損害(業務の中断、コンピューターの誤操作、機能障害等に基づく結果的・間接的・派生的な損害を含みますが、これらに限られません。)に対しては一切の責任を負わないものとします。

    2.当社は、お客様が本ソフトウェアおよびその附属物を利用することにより発生した第三者の損害・不利益に対しては一切責任を負わないものとします。

  14. 第14条 輸出規制

    お客様は、本契約書に基づいて許諾されている本ソフトウェアは、日本およびアメリカ合衆国の輸出管理法および規則(改訂法、規則も含みます。)の対象であることを認めるものとします。お客様は、本ソフトウェア及び本ソフトウェアの直接の成果として得られるサービスを日本およびアメリカ合衆国の輸出規制の対象国に直接的または間接的に輸出もしくは再輸出しないことに同意されたものとします。さらに、お客様は、本ソフトウェアには、日本およびアメリカ合衆国の法律によって輸出または再輸出の規制の対象となる技術データが含まれている可能性があることを認めるものとします。

  15. 第15条 不可抗力

    天変地異、火災、地震、洪水、サーバーの一時停止、中断、コンピュータウィルスによるハードウェアもしくはソフトウェアの故障・損傷、ソフトウェアの一時的な更新その他当社の合理的な支配を超える一切の事由によって、本契約の全部又は一部の履行が遅滞した場合には、当社はお客様に対して責任を負わないものとします。

  16. 第16条 禁止事項

    1.お客様が本サービス、本ソフトウェアおよびその附属物を利用する上で以下の行為が禁止されます。

    (1) 他の利用者に成りすまして本サービスを利用すること

    (2) 当社の事前の承諾なく、本契約に基づく権利・義務を第三者に譲渡すること

    (3) 本サービス、本ソフトウェアおよびその附属物の全部または一部を第三者に販売すること

    (4) 当社の本サービスの提供を妨げる行為

    (5) 法律もしくは公序良俗に抵触する行為

    (6) その他当社が不正もしくは不適切と判断する行為

    2.お客様が前項の制限に違反したと認められた場合、当社の判断によりお客様に対する本サービスを停止もしくは解除する場合があります。

    3.お客様が前々項の制限に違反することにより、第三者から当社に対してクレーム、請求、抗議等がなされ、当社に損害が発生した場合には、当社はお客様に対して当該損害の賠償を請求することができるものとします。

  17. 第17条 その他

    1.当社は、お客様の本契約の遵守を確認するために記録、システムおよび施設を監査することができます。監査は、当社の費用により行われ1年に2回以上は行なわないものとします。

    2.本契約に関して疑義が生じた場合は、当事者双方が信義誠実の原則に従って協議するものとします。

    3.本契約のいずれかの条項が無効、違法または執行不能と判断されても、当該条項以外の条項の有効性、適法性および強制執行可能性に影響を及ぼすことはないものとします。

    4.本契約は、日本法に基づき解釈されるものとします。

    5.本契約に関して、またはこれに起因して紛争が生じた場合には、日本国東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。